2剤オキシを3%で6倍でリフトの違いを見る実験

オキシの比率を明らかに多くして定量のものとの違いを確認する


 
この実験の趣旨は、1:3の定量のオキシ配合を1:6にしたらリフト力はどの程度減力するか??もしくはリフト力が強化するか?を調べるものである。以前オキシの濃度3%と6%はメーカーの配合定量であればそんなにリフト力が違わなかったという実験結果をもとにあえて3%を使っての実験を行う。水分は1液の効果の妨げになる可能性があるので全て2液は過酸化水素を使って見る。 
 

それでは、早速塗っていきます。薬剤はナンバースリーのパウダーブリーチにメロスコスメティクスの3%オキシサイド 配合量はパウダー1に対してオキシ6倍 実際の1:3より1液を薄めるような効果が出そう。 イメージはブリーチの減力に使える可能性があるかも。
 
 

 
時間を置いて20分経ちました。さて色の抜け具合はどうでしょうか??そこそこリフトアップはしていますが抜けて行く過程はかなりゆっくりなイメージでした。 だいぶブリーチが減力してオキシがクッション剤になってる感じです。

 

ドライして仕上がった後。結果は右側がナンバースリーパウダー1:3のメーカー指定の定量でリフトしたもので、左側が先ほどの1:6で3%のオキシを使ったものです。リフト力の減力がだいぶありましたが、ベースがダメージがかなりあったり抜けやすい毛髪のブリーチを必要とする施術にはもってこいな方法かもしれませんね。こうしてドライで見るとだいぶ上がり方が違いますね。