ナプラN10を使って実験!オキシを3%と6%の場合リフトら色の出方に違いは出るのか??実験

オキシ(過酸化水素)のメーカー定時の3%と6%は本当に濃度が違っていて効果に反映されるのか??


 
この実験の趣旨は、どこのメーカーでもオキシ6%や3%トラインを出していると思います。今だともっと細かく1%とか1、5%とか2、7%とか。。。各メーカーやラインナップによってとろみなどの使用感やトリートメント配合など特徴はあるにせよ、そんなに細かくして実際に効果は違うのか??を実験して見たいと思います。

 
実験のベースで使うけはナプラN10ナシードカラー。それをメーカー規定のミックス率の1:1でオキシを3%と6%の物を用意。バージン毛の人毛に混ぜて時間をおいて仕上がりを見ます。実際の明るさと色味の発色の違いに期待します。 
ここで仕上がりに差が出ればメーカーのいう6%や3%のオキシ濃度に差があり、仕上がりにも影響するということが理論づけれることになりますね

3%と6%を1:1でまぜあわせ!
 

 
 
結果は、以外にも?(疑っていたわけではないのですが。。)?差が出ています。今回の実験はオキシのミックス率はどちらも一緒のため影響が出るとすればオキシの濃度による影響です。6%の方が明らかに明るさやそれに伴う透け感を感じます。逆に3%はそこまでのリフト感はないにせよ、色味をしっかり感じさせています。ということは本当に濃度ってちゃんとコントロールをメーカーはできていたことになりますね(笑)
では結論としては、色味重視でじっくり出したい時は3%をセレクトしたり、もちろん明るく反応しやすい毛髪に対しても有効な選択ができますね。逆に太く硬い明るくなりにくい毛髪や透明感を出したいベース作りに関しては6%のしようが有効と思います。またセレクトする色味によっても出方が大きく変わってくる予感ですね。そこは実験しながら探る必要ありですね! 

ウエットの状態がこれですがこの段階で6%の方が少し明るさを感じます。
 
室内でのドライ状態確認。6%のが明るく透け感が出ている
 
外での見え方の確認。6%の方がリフトしていて3%の方が色味を感じる